圧着ハガキは情報量だけでなく費用面でもお得な広告郵便

SITEMAP

赤いポストとハートマーク

広告郵便には圧着はがきを使った方が良いメリット

着圧はがきの開け口

広告郵便としての圧着ハガキのメリットは4点です。
この4点を通常のハガキ送料値段で叶えることができ、封書で送るよりも経費削減や未開封を防ぐ等メリットがいっぱいあります。
①広告郵便として通常のハガキより情報量が多くできる
通常のハガキサイズで多くの情報が送付可能。その情報量も「二つ折り、6面」等面のタイプにより変わり、面を増やせば情報量UPしより多くの情報を送ることが出来ます。情報に往復はがきもつければお客様からの返信も手間がかかりません。
②未開封の削減が期待できる
広告郵便として使用すると封筒より開きやすい為、中身を確認したくなる心理をつき、後から開こうという気持ちになる事も少なくなり、確認漏れや開封漏れを防ぐことが期待できます。
③雨にぬれても大丈夫(作成は業者に依頼しフィルム加工を作った方が良い)
ハガキの種類にもフィルム加工されたものがあり、このタイプは雨に濡れても紙がふやけることが無く、さっと水気をふき取るだけで開くことが可能です。お客様をお待たせしません。
④情報が守られる
中身が見えない為、請求書等のプライバシー係る案件の内容や個人情報も保護され容易に送ることができます。1度開封すると元に戻せない為怪しい行動があった場合は即時に分かり、封筒の様に再度閉じられ(または別の封筒に入れられ)送られてそれに気づかないということも防ぐことができます。

UPDATE CONTENTS

TOP